おきにいり

アゲアゲ

ジュディマリのベストを聴いてみたりしてます。

小中学生のときか、一番あつかったのは。

いやぁ、気分があがるってこういうことなのね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

劇団 新ブログ

劇団ブログ新しくなりました。

TipTap blog

こちらへどうぞ~

そっちの記事と重複しますが・・・

deneuve1

   090415_02

「シェルブールの雨傘」と「ロシュフォールの恋人たち」のデジタルリマスター版。

5月に観ます。

楽しみです。

あぁ、素敵なものを観てどんどん私も素敵になりたいです。

「楽しいことならいっぱい 夢見ることならめいっぱい」

これはちびまるこちゃんの唄ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいきんのおきにいりちゃん

Image075_edited

カラフルなマスキングテープ。

最近流行っているらしいです。

Image084_edited_5

混乱しがちなコンセントに貼って、ラベルにしてみました。

丸いシールは、キャス・キッドソンのです。

Image087_edited

壁にひっかけてます。

ポストカードは、「夜は短し歩けよ乙女」で、

イラストをてがけられている中村佑介さんのものです。

少しずつお気に入りがふえていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらったもらった

 起きたらものもらいでした。地味に痛い…。鼻水も止まらん。花粉症かいな。

 今日も家で作業。その合間にスーツ等をクリーニングに出してきました。今月末に入社手続き。…二度目のねwwパリッとしよう。スーツ似合わないけど。嫌いじゃないのに、身体にエッジがないからね。なんかもやっとするっぺな。でもスーツというアイテムは好き。再スタートに万全の準備をするのです。貸してた靴も返ってくるぜ。髪も染めるぜ。

 最近のストレス解消法は、ネットでかわいいお洋服をチェックして、バーチャルウィンドウショッピングをすることです。なんか二重構造。あとは、深夜TV。

Wallpaper01 偶然見た「ミチコとハッチン」がかっこよい!ブラジル?色とかかっこいい。曲も。カウボーイビバップの音楽プロデューサーさんと同じ方らしい。アニメ楽しいなぁ。小学生の頃セーラームーンにかなり熱狂したけど、20過ぎてまたアニメが楽しい。深夜アニメけっこう見ちゃうよ。お金持ちになったらDVDBOXとか買っちゃうんだもん。るん。あ、マクロスFのライブチケット取れなさそうだな。行けるかもわかんなかったけど、取れないのはもっと悔しい。しょぼん。もう同じ日に勝手にひとりマクロスFライブを開催するしかないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーぼんぼん

Image06800_edited ラビットファーのぼんぼんヘアゴム

・・・かわいい。かわいいよぉ。

なんと2個で99円。

先輩とはんぶんこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『めがね』

Preview_image

Meganestandy

Meganecd

Megane

Megane2_2

 内容とか、いろいろ書くのも野暮なので、画像さがして貼ってみました。(公式HP

 この映画が好きって人とは、仲良くなれると思います。いいです。映画館の大きなスクリーンで観てよかった。旅行にいった感覚。お勧めします。ほんとうに。

 おいしいものと、風と、健康と、音楽と、海と、出会いと、そしてユーモアと…。なんかそんな感じです。

 語る映画ではないです。感じる映画です。視覚、聴覚、そして味覚も駆使して。

 あ、お洋服の話を少しだけしたい。もたいまさこさん扮するサクラのお洋服のスタイリングが、私の理想です。膝丈のゆったりした綿ワンピース、アンダーには軽いパンツを重ね、生成りのエプロンを巻く。襟は取り外せるもので使いまわしてました。つけると、背中にリボンが垂れます。ボタンの大きさ、ゆるくふくらんだ袖、折り返しのグレー地に白の水玉模様、上品な小花柄、青いサンダル、白に赤のマフラー…あぁ、なんて素敵。すぐに働けて、ちょっとだけガーリーっていうのが好きなスタイルなのです。だから、エプロンとか、ポケットとか大事です。 

 この映画を観たっていうので、なんか、いろんなものがいとおしくなりました。この気持ちがきっと大切。なんか安い言い方かな。

 さ、やりますか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『めがね』をもとめて新宿徘徊

 といってもめがねを買いにいったわけではないです。以前書きましたが、今日は映画『めがね』(HP公開初日でした。実は、朝、急に観たい衝動に駆られ、一番早い時間に上映する銀座テアトルシネマに行ったのです。私にしては早起きして。そしたらですね。すでに満席で、ダメだったのですよ。私のこの気持ちはどこへ…。

 そうだ、いろいろ買出しするものがあるのを口実に新宿に赴こう。そして観よう。ということにしました。

 テアトルタイムズスクエアへ。初です。まだ残席があったので、21:15からの回を購入。

 それから、仕事用に、画材やら、本やら、こまごましたものを揃えるために新宿を徘徊。まだよくわからず時々NAVITIMEに助けを求める。

 今日の服装は、白シャツにブルージーンズ、トートバッグと、私にしてはさわやかな感じです。この映画観るときは絶対白シャツだと決めていたのです。何故か。この映画には合うかもですが、眠らない街、夜の新宿では浮いているようで、驚くほど声かけられました。いや、違うな、土曜の夜だからだ。とんだ自意識過剰。

 まだ時間があったので、デパ地下潜入。試食めぐりではないです。お菓子やさんや、ちょっとおしゃれなお惣菜やさんを観察です。12月の衣裳の参考にします。本当はおしゃれレストランに潜入したいとこですが…予算でおりないかナァなんて・・・ごめんなさい。比べてみると、傾向がわかっておもしろいです。ふむふむ。ケーキの誘惑なんて…ま、まけないぜ。

 コーヒーを飲みながらかるくスケッチを残しておきます。

 さぁ、ついに劇場へ!

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリティ・イン・ピンク  ウォーク・ザ・ライン

ツタヤの返却予定日が迫っていましたので、夜を徹してDVD観ました。

Pretty_in_pink プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角   

 ずっと観たかったのを観ました。女の子!みてみて!ストーリーはアメリカのティーンムービーのよくある感じ。プロムとかね。行きたい!プロム!

 注目すべきはお洋服たち!おおたうにさんが本で絶賛してたのを読んだことがあったのですが、その通りでした!

 主役のアンディちゃんの古着ファッションはすごく参考になる!お父さんが失業中なので、お金はないけど、古着やアクセサリーを上手に使っておしゃれを楽しんでる!1980年代のお話なので、20年前は1960年代なのですよ。あ、ヘアスプレーの頃だ。

 プロムのためにドレスをアレンジする展開は最高です。アンディの周りの人々のファッションは観察する価値ありですよ~。私なら絶対ダッキーと付き合うわ!アンディのピアスが素敵だったなぁ。右耳にひとつ、左耳にふたつ穴があって、大きめと小さめを一緒につけたり、すっごくかわいい!私もいつかこのバランスであけよう!今決めました!

 おしゃれ魂を揺り動かす作品です!(チープな表現)

1024x768_02_2  ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 (HP

  実話が基になってます。ストーリーとかはHP参照。

 主役のジョニー・キャッシュをあまり好きになれなかったので、ちょっと観づらかったです。こんな男…う~んイヤだなぁ。でもでも、音楽が素敵です。俳優さんが吹き替えなしでやってると知って驚きました!ロカビリー♪バンドってやっぱかっこいいっす。ロッカーとドラッグは切り離せないのでしょうか。

 1950年代のファッションには注目。時代考証がきちんとされているので、参考になります。

 ちょっと消化不良なので、もう一回見直したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD2本

DVD2本みました。

Photo 『サイレン』 (HP) このHP油断してるとサイレンが鳴り響きます。こわっ!

 堤監督のホラーです。

 …私、ホラーめちゃめちゃ苦手です。お化け屋敷もダメです。ほんとに眠れないし、独りになろうもんなら、身体に布団ぐるぐる巻きつけてどこも露出しないようにして身を守ろうとします。そういえば、以前、占い師の方に、とても霊感が強いですよ、と言われたのでした…。あぁ、思い出さなきゃ良かった。でもそれは、強運だとか、直感だとか、そんな話だったので、良い方にとりましょう。

 ということで、映画なんですか、始まったときは、あれ?これはトリック?みたいな。音が違うだけでこんなに印象が変わるものか。音で恐怖感を煽られました。もののみごとに。う~ん。恐いは恐いんですが、なんか、終わり方腑に落ちず…。でも単純に気持ち悪いから、もういいっす。あ、でも音楽かっちょいいのがありました。あと、キャストさんは超豪華です。あぁ、でもホラーはダメだぁ、うわぁ。

Photo_2 『人生は、奇跡の詩』 (HP

 ロベルト・ベニーニ監督です!ライフ・イズ・ビューティフルの

(今、変換したら、らいふ・伊豆・ビューティフル、になっちゃいました。おーい!) 

 映画館でやってたときに見逃してしまったので、DVDにて観賞。ベニーニさんの早口イタリア語大好きです。この作品もとっても素敵でした。「ライフ・イズ・ビューティフル」もそうでしたが、戦争という不条理な状況で、幸せとか、愛とか、そういうものに突き進む姿が、せつなくて、痛くて、おもしろくて。生きてくのに必要なのは、最高のパートナーと一緒に愛をみつけいくことなのかしらと、きれいごとのようなことを、本気で感じてしまいます。

 イタリア映画だからいいんでしょうね。言葉の土っぽい雰囲気や、愉快な感じがあるから、そういうテーマでもイヤじゃない。原題は「LA TIGRE E LA NEVE」、英語に訳すと、「The Tiger and The Snow」です。監督は、「私はこの作品を、真っ白な雪のように清らかに、虎のように激しく描き出したい、と長年思い続けていました。」と言っています。この話をきくと、邦題がなんだか野暮な感じがしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばしのお休み

 ちゃんぽん旗揚げ公演も無事に終了いたしました。観に来てくださった皆様ありがとうございました。いろいろ新しい出会いもあったりして、個人的にも実りある感じになれてよかったです。

 終わった途端、気が抜けたのか、体調が芳しくないです。こんなことじゃダメだわ。ONとOFFを上手く過ごせるようにならなければですね。プランを描かなければなのがいくつかあるので、切り替えてがんばっていかなければ。卒論もあるよ。忘れないで私。前期の成績が発表されました。単位は順調です。

 自分を元気づけるため、本を買いました。

Photo Photo_2           Photo_3写真家ボブ・エルスデールさん『プリティ・イン・ピンク 女の子って素敵!』です。もこの表紙みたら、連れて帰るしかない!と思いました。か~わ~い~♪♪出版元のグラフィック社のHPの紹介文を引用。

どうして女の子は素敵なの? その秘密は本書にあります。写真家のボブ・エルスデールが選んだのは可愛いピンクの小ブタ。その愛らしくてキュートな姿を見ていると、女の子であることはなんて素敵なんだろうって納得しちゃいます。女の子は砂糖とスパイスと素敵なものでできている。それだけじゃなくって、他にももっといろいろ詰まっている!「ガールズパワー」 -女の子の偉大なる力に乾杯!- という気持ちを代表して、とても可愛いピンクのブタたち、『プリティ・イン・ピンク』に登場してもらいましょう。女の子らしいものすべてを賢く、優雅にお祝いするのが子ブタ流なのです。

 女の子は砂糖とスパイスと素敵なものでできているって、マザーグースでしたっけ?表現はアメリカンガールな感じですが、それもよい♪もうとにかくこの娘がかわいくてかわいくて!こぶたちゃんってこんなにきれいなんだ~(写真撮るためにはそれなりに苦労もあったようですが)ずっと観てられます。私は、年をとっておばあちゃんになっても、こういう気持ちでいたいなって思います。彼女や女友達にプレゼントするのも素敵だけど、かつて女の子だった先輩方にプレゼントするのも素敵かもです。お母さんや、おばあちゃんにね。

 と、乙女キャラ全開にしてみました。たまに乙女週間を設けないと、お肌の調子や言葉遣いが悪くなってしまうので…。ときめきって大事です。乙女に幸あれ!

B_1024x768  ずっと観ようと思ってた映画も観ました『エターナル・サンシャイン』 公式HP

 これは…いやぁ、好きです。おうちでひとりでゆっくり観たいタイプです。恋愛ものって久しぶりに観たかも。設定がおもしろいです。詳しい説明はややこしいのでHPをご参照あれ(笑)これお芝居でやったら素敵なんじゃないかなぁ。

 舞台でやったら素敵だなあと思っているモチーフやアイディアがちょこちょこあります。でも、私には、脚本を書いたり、演出をしたり、ましてや役者をやる力なぞついぞ無いので…いつかなぁ、やれたらいいなぁ。才能の足りないところは、努力で補うしかないのだけれど、ひとりで全部やるには、きっと人生どんだけあっても足りないんでしょうね。そもそも、座右の銘が「満足したらそこで終わり」という自分ですから、ひとつのことやり遂げるのも一生分で足りないんだと思います。ま、ひとりじゃできないから、舞台の世界にいようと決めたんですけど。

 あんまり人に会わなかったせいで、思考回路がこんな感じです。あぁ、おなかがいたいよぅ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)